AGA治療と言うのは、専門病院を利用する事で効果を高めることが出来ると言われています。
その理由は、AGAの専門病院では遺伝子検査、血液検査を行いAGAの症状を特定する事、そして血液検査では医薬品に対する効果を診断する事や副作用などのリスクを調べると言った重要な検査が行われているからです。

AGAの症状を緩和させるための医薬品はプロペシアと呼ばれるものが一般的に処方される事になりますが、プロペシアと言うのはAGAの特効薬で在り、他の薄毛の効果を持たないとも言われています。

AGAはテストステロンと5α-還元酵素が結びついてしまうと、テストステロンはDHTと言う強制脱毛ホルモンに変換されてしまい、通常5年前後と言われている髪の毛の成長期を、3か月ほどの短い期間に縮めてしまう作用が在ります。
このDHTを抑制させるためには5α-還元酵素を阻害させて、テストステロンと結びつかないようにするのが最善であり、そのために利用されているのがプロペシアと言う医薬品になります。

因みに、プロペシアは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれている医薬品が主成分になっており、毎日1錠のプロペシアを服用することで5α-還元酵素を阻害してくれて、男性ホルモンの一種と言われているテストステロンと結びつかない状態になるため、強制脱毛ホルモンとも呼ばれているDHTに変換されずに済むようになります。

強制脱毛ホルモンと言われている理由と言うのは髪の毛のヘアサイクルを乱してしまい、髪の毛が生えだして来た段階で脱毛を促す性質が在るからで、髪の毛は太く長く伸びる事でふさふさの状態になりますが、DHTが作用することで長く太く伸びる前に脱毛を促してしまい、抜け毛へと変えてしまう事になります。

しかしながら、プロペシアを服用することでDHTが抑制されるので、毛周期が正しくなり始め、抜け毛の量が減ると言うメリットに繋がります。

尚、プロペシアはAGAの特効薬であるため、他の薄毛の症状には作用しないのが特徴でもあるわけです。
最近は、プロペシアのジェネリック医薬品を通販サイトで購入が出来るようになっています。
AGA治療と言うのは保険が適用しませんので、治療費と言うのは全額時負担になりますが、ジェネリック医薬品は先発医薬品と比べると安く購入が出来るため、AGA治療として通販サイトを利用して購入をすれば経済的な負担を軽減できることにも繋がります。

病院での治療と言うのは診察と薬代の両方が掛かる事になりますが、ジェネリック医薬品を使えば処方されるよりも安く購入することが出来ますし、診察費用などがゼロになるため経済的な負担の軽減にも繋がると言う魅力が在ります。

しかしながら、プロペシアはAGAの治療のみに作用する事、そして男性機能低下などの副作用が在るため、安易に通販サイトを利用して購入すれば良いと言う事ではないのです。

プロペシアを使用する時の注意点として、男性機能の低下などの副作用が起きるリスクが在ると言う事を知っておくこと、もう一つの注意点としてプロペシアはAGAの症状のみに作用するため、遺伝子検査を受ける事が大切で在る事、そしてプロペシアの効果が期待することが出来るのか、副作用が無いのかと言った血液検査を受けた上で使用することが主な注意点となります。

また、プロペシアの処方における注意点として覚えておかなければならない事は、男性の場合は男性機能の低下などのリスクがあるものの、副作用が起きないケースも在ります。
しかし、女性の場合はプロペシアに触れただけで恐ろしい副作用を引き起こす可能性が在るなどの理由からも、女性が使用してはならないと言う医薬品でもあると言う事です。